見直した!『DA PUMP』ISSAが「沖縄基地問題」に真剣コメント タブーを怖れず | 2chまとめナビゲーション

『DAPUMP』ISSA、しっかりした考えを持ってた人だったんですね。(出典【芸能】タブーを怖れず『DAPUMP』ISSAが「沖縄基地問題」に真剣コメント)1砂漠のマスカレード★:2018/10/11(木)21:16:13.85ID:CAP_USER9.net10月8日放送の『ニュースウオッチ9』(NHK)に『DAPUMP』のISSAがゲスト出演し、バラエティー番組や音楽番組では見せない“真面目な顔”をのぞかせた。この日の番組では、知事選を終えたばかりの沖縄県の話題に触れ、同県が抱える基地問題などにテーマが及んだ。沖縄出身で、基地のすぐ隣で育ったことについて思いを聞かれたISSAは、「僕が4分の1、アメリカの血も入っているので、僕が言える立場ではない」としながらも、「(基地と)共存していくことが唯一、争いもなく街が栄えていく方法の1つではないかと思う」と持論を述べた。この発言を受けて、SNSには《ISSAさんの考え方っていいなあと思う》《こんなちゃんとしたことを言える奴だったのか。見直した》《イメージが変わった。しっかりしてる方なんだなあって》《短いコメントだけど好感の持てるコメント》など、多くの賞賛が集まっている。ISSAの共生へのメッセージ基地問題はさまざまな意見のある複雑な議題なだけに、回答によっては炎上しかねないが、ISSAの意見は波風立てることはなかったようだ。「芸能人が公に基地問題に触れることは、たとえ地元沖縄出身者だとしてもタブー視されています。何と発言しても、大抵は政治的なバイアスをかけられて、イメージダウンが避けられないからです」(芸能記者)芸能人として、お手本のような回答をしたISSA。彼を「チャラい」と感じていた人からするとギャップも凄まじかったようだ。発言内容はもちろん、丁寧に真摯に話そうとしている姿勢が評価され、イメージアップにつながる結果になった。「カーモンベイビーアメリカー!」が耳に残る『DAPUMP』のヒット曲『U.S.A』の中に、「僕らは地球人、同じ星の旅人さ」というフレーズがある。“共生”のメッセージを込めたような歌詞は、偶然にしても興味深い。http://dailynewsonline.jp/article/1538528/2018.10.1120:30まいじつ?

見直した!『DA PUMP』ISSAが「沖縄基地問題」に真剣コメント タブーを怖れず

芸能いろいろ玉手箱

配信元で見る

訪問者数/2
訪問者数(今月)/2
訪問者数(今日)/1
登録日時/2018.10.12 09:06 25
○ページの共有
○キーワード
○コメント
PAGE
TOP